読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大豆はブラックに限る

夫と猫、2人と1匹の日々。

ハンガーかけ倒壊事件について

告白しよう。

 

私たちは6畳ほどの狭いスペースに押し込まれていた。

人口密度が高く、部屋の中は驚くほどあたたかい。

ていうか暑い。しかも空気が悪い。酸素が薄い。

 

荷物は床におざなりに置かれ、蹴られ、踏まれて

足の踏み場もないほどに散らかっていた。

コートはある人はダンボールの上に、

またある人は書棚に並べられた書類の上のわずかなスペースに押し込んでいて

 

それらはなだれ落ちないよう細心の注意をはらっておかれていた。

 

ここではわずかな席とPCを確保するために日々椅子取り合戦が行われる。

負けたものは廊下にたち、ひたすらPCが空くのを待つしかない。

 

そこに降り立った、たったひとつの希望ーーー

 

 <<  HANGA- KAKE  >>

 

そう、それこそがハンガーかけである。

 

人々はこの希望を信じ組み立てた。

これでこの狭い空間が少しはましになる!

もう、自分のかばんが蹴り飛ばされるのは嫌だ!

自分のコートが床に落ちてほこりだらけになるのは我慢ならないー・・!!

 

その日も私たちは恒例の質問の嵐とたまの罵声に疲れ、ワークスペースに戻ってきた。へとへとだった。だがいつもとどこか違っていた。

そこには笑顔があった。

 

撤去されたダンボール。

綺麗にかけられたコートたち。

丁寧に並べられたカバン・・。

 

少し広くなったワークスペースに、誰もが感嘆の声をあげた。

 

これがおとといのことである。

 

だがこの幸せも、長くは続かなかったー・・・。

 

今日未明のこと。

 

現場に居合わせた先輩Tは、こう語る。

 

「突然後ろのほうからメキメキって音がしたんや。

 なんやろと思って振り返ったら・・ズズズーっていって、倒壊したんや。

 あっちゅう間やった。あんなに頑張って組み立てたのに・・」

 

倒壊ー。

 

<<  T O U K A I  >>

 

倒壊した。

私たちの唯一の希望、ハンガーかけは

ものの2日で再起不能になってしまったのだ。

 

思えばハンガーかけが組み立てられたその日、

昼ごろと夕方では明らかに高さが違っていた。

あれは、前兆だったのだ。

あの日並べられたかばんは30を超えていた。

おそらくコートも同じくらいあっただろう。

コートの重みに、ハンガーかけが耐えられなかったのだ。

 

ハンガーかけ亡き後、そこには大量のコートが

床に並べられたかばんの上に折り重なるようにして倒れていた。

 

夢破れてハンガーあり。

現場に残されたポールとそこにひっかけられた大量のハンガーたちが

この事件の残念さを今に伝えている。